ブログ|墨田区東向島で歯科をお探しの方はオーラルヘルスサポート歯科 すみだまで

WEB予約
電話予約
WEB予約

ブログ

ブログBLOG

ブログ

取材を受けました! そして専門医について語る

こんにちは、院長の関野です。

先日ご縁があり、フリーライターの芦田央さんに当院の取材にきていただきました。

当院は開業医で障害のある方も広く受け入れているということで、「障がい者歯科」の現状や当院の方針などについてお話をしました。

記事はnoteにて公開していますので、ぜひご覧ください!

前編 開業について、医院の工夫など

https://note.com/dj_gandhi/n/n9a2b50a1f630

後編 障がい者歯科の現状について
https://note.com/dj_gandhi/n/n166608b61ca2



記事の中で少しだけ歯科の専門医制度について触れていますので、もう少し専門医について私見を踏まえてここで解説します。

専門医は取得や継続のハードルが認定医より高く、よりその分野の治療や診断が得意な先生であると言えます。

そして、制度そのものが存在する学会が限られていて、その中でも広告が許されている専門医資格は6つしかありません(2024.2月現在)。

私が取得している専門医資格は、「歯周病」「障害者歯科」ですが、広告可能なのは「歯周病」の方だけです。

時々当院の歯周病の広告を見て、こちらの医院はむし歯もみれくれますか?という問い合わせを受けます。

もちろんむし歯の治療もします!

専門分野に特化した診療所もあるかも知れませんが、通常はむし歯でも入れ歯でもどの治療も行って、その中で特に得意な治療があるというのが一般的かと思います。


さてそこで問題です。

重度障害の方が歯周病で困っていた場合、どの診療所に行けばよいでしょうか?

実際には、歯周病専門医では重度障害の方の対応ができない、障害者歯科専門病院では歯周病の治療はできない、このようなことが起こり得えます(やむを得ないことですが…)。

例えばこのような患者さんが治療を望んだ場合、専門医であっても対応が難しく、患者さんにとっては意味のない専門性になってしまうわけです。


私の歯科医療の学問的ベースは歯周病であり、障害者歯科ではありません。

障害者歯科の専門医とは、障害を理解し安全で標準的な診療が提供できるノウハウを持ち、連携を含めて多くの治療方針を選べる先生だと私は考えています。

障害者歯科ができるということは、障害のある方の治療が何でもできることではなく、自院で受け入れられる患者さんの幅が広がることなのだと思います。

日本歯周病学会からは国民の「歯周病撲滅」という目標が掲げられています。

歯周病に健常者も障害者も違いはありませんので、私は歯周病専門医として、また、幅広い対象の方に対応できる障害者歯科の専門医として、当院に来ていただいたすべての方の「歯周病撲滅」を支援していきたいと思っています。

皆様、引き続きよろしくお願いいたします。

ブログ

年末のご挨拶と…

皆さんこんにちは、院長の関野です。

今日は当院の最終診療日でしたが、開業して4か月、本当にあっという間という感想です。

これまでご来院いただきました皆様やご支援いただいた関係者の方々に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

さて来年ですが、歯科に不安や緊張の強い方や親知らずの抜歯など難しい治療を安全に行うために、静脈内鎮静法全身麻酔法が行える準備を進めていきます。

歯の治療で全身麻酔!?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、患者さんのストレス、治療の難易度や危険度、治療期間の短縮、治療の質の担保など、総合的にみてメリットが大きい場合には非常に有用な方法となります。


これに関連して、歯周病のひとつの治療方法についてご紹介します。

その方法はFull-Mouth Disinfection(FMD)、またはFull-Mouth SRPというものです。

これは、歯周病の治療をFull-Mouth(口の中全部を一回)でDisinfection(感染の除去)するという方法です。

SRPとはスケーリング・ルートプレーニングのことで、歯周ポケットの中を機械的にきれいにするごく基本的な歯周病治療のことです。

例えば、前歯も奥歯もすべて歯が残っていて、すべてが中等度以上の歯周病の場合、局所麻酔をして6回に分けてSRPを行うのが一般的です。

このSRPは1~2か月の間に終わらせることが理想的です。

なぜなら、歯周病の原因である歯周病菌は1~2か月でまた再感染、再増殖してしまうからです。

つまり治療期間が長くなると、歯周病菌がお口の中からいなくならず、治りが悪くなるわけです。

そのため、お口の中の歯周病菌を一度に排除するFull-Mouth Disinfectionは治療効果が高く、歯周病の再発のリスクが下がることは理にかなっています。

しかし、全部の歯に局所麻酔をして短時間で治療を行うことは、患者さんや術者の負担は非常に大きいものとなります。

そこで私は、全身麻酔下でFull-Mouth Disinfectionを行う歯周病治療を15年ほど前から始め、非常に効果が高いことを経験し、その結果を学会発表、論文発表を行ってきました。

これら論文や記事は、当院待合室にも閲覧できるようにしていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。


年末のご挨拶と言っておきながら、長々と記事を書いてしまいました。

それでは、来年も皆様のお口の健康を精一杯支援させていただきますので、引き続きよろしくお願いいいたします!

ブログ

ワールドデンタルショーにて講演を行いました

こんにちは。院長の関野です。

9月29日から10月1日にかけて開催された、国内最大級の歯科業界イベントであるワールドデンタルショーにて関野が講演を行いました。


講演内容は私が長年愛用している白水貿易さんの超音波スケーラー(スプラソンP-Max2)の効果的な使用方法についてです。

超音波スケーラーとは、超音波振動と水の力で歯についた歯垢や歯石を取り除くことを主な目的とした医療機器です。

当院では主に歯周病の治療や定期的なケアの際に使っています。

歯周病の治療や予防には、見えている歯垢や歯石だけでなく、歯ぐきの中(歯周ポケット)に隠れている歯垢や歯石を徹底的に取り除くことが重要です(←これが本当に重要!)。

これが簡単にできるなら歯周病はなくなるのですが、実際は歯周ポケットや歯の形が複雑だったり、奥歯でやりにくかったりと、難しいことが多々あります。

そこで当院で使用しているスプラソンP-Max2はそんな取りにくい歯垢や歯石を除去しやすい次のような機能が備わっています。


・歯周ポケットや歯の形に合ったチップ(実際に歯に当てる先端の部分)が豊富にそろっている!

・超音波振動のパワーと水量を非常に細かく設定できる!


当院では歯周病専門のスタッフが在籍しているので、患者さんに合わせた適切な方法で、より効果的に超音波スケーラーを活用することができます。


特にここが当院のこだわりです!

・歯周病予防(いわゆる定期健診やメインテナンス)では時間をかけてすべての歯周ポケットに対して丁寧な施術を行います(一回の施術にかなり時間をかけます)

・知覚過敏のある方のために水ではなくお湯が使えるタンク式のスプラソンP-Max2を採用しています

・チップはもちろん、持ち手の部分も滅菌をして患者さん毎に交換をしています


質の高い歯周病の治療や予防は専門的な技術を必要とします。

皆様によりよい歯科医療を提供できるようこれからも研鑽に励んでまいります!

ブログ

歯科大学へ歯周病学の学生実習に行ってきました

こんにちは。院長の関野です。

先週は母校である東京歯科大学の非常勤講師として、歯学部4年生の歯周病学実習に参加してきました。

今回の実習の主な内容は、学生が患者さん役と歯科医師役に分かれ、歯周病の原因、プラークコントロールの重要性、ブラッシングの方法などを説明し合うものでした。

進行した歯周病の治療は治療期間が長くなりますし、むし歯と違ってどんな治療をするのか?など、患者さんにわかりにくいことが多いと思います。

そのため患者さんに治療や継続管理の必要性を納得していただき、モチベーションを維持できるような医療者側の説明は非常に大切です。

当院では歯周病について、検査結果やエックス線写真を使うだけでなく、説明用ソフトにて動画を使いながらの説明も行っています。

歯周病が気になっている、正確な診断をして欲しい、歯が残せるか知りたいなど、どのような悩みでも構いませんのでお気軽にご相談ください。